ハーブシャンプーで翌朝の髪のパサつき気にならない

    髪のパサつきのお悩みの人は多いのではないでしょうか。期待した効果があらわれるシャンプーを求め色々試してみても、基本的なケアがしっかりとできていないと、髪の状態は改善されません。

    そんな人におすすめなのが、さくらの森から販売されているオーガニックシャンプー「ハーブガーデン」です。最近話題のアミノ酸シャンプーですが、他とは違う特徴があります。
    それは、美しい髪を手に入れるために地肌の健康を目指すためのシャンプーである、ということです。

     

    ハーブガーデン

    頭皮に良いことって?

    地肌は、髪にとって栄養をもらうためのいわば土壌です。土壌となる地肌が健康でないと、美しい髪は育たないのです。市販されているシャンプーの多くには、石油系界面活性剤やシリコン、合成香料など人工的に作られた成分が使用されています。これらは洗浄力が高く、必要以上に頭皮を刺激してしまいます。

     

    これが地肌の荒れの原因となり、フケや潤い不足のパサついた髪の状態をつくります。トラブルのある頭皮では、十分に栄養を吸収することもできません。栄養が足りないとハリ、コシが失われ見た目年齢も老けてしまいます。

     

    だからこそ、頭皮ケアのためのシャンプーであるハーブガーデンで健やかな地肌を育てることが有効なのです。ハーブガーデンは、肌の負担となるような成分は含まれず、熊本県阿蘇産のオーガニックハーブウォーターを使用しています。

     

    ハーブの香りで癒されながら、優しくマッサージをして洗うことで、血行が促進され天然の栄養が頭皮にいきわたります。毎日のシャンプータイムにこだわればこだわるほど、翌朝の髪の手触りは変化していくことでしょう。体に良いものを使用することは、美容にも心にも良い変化をもたらすのです。

    Beauty woman, skin care and freshness background with splash water drops, female portrait enjoying clean skin